メンズ

医療事務講座を受けよう|いい講座の選び方

東洋療法を修得する

勉強

実技重視の教育

経済状況がめまぐるしく変化し、不安定な雇用が常態化する中、手に職をつけて生活を安定させたいという方が増えています。東洋医学として長い歴史を持つ鍼灸マッサージですが、現在では国家資格のひとつに指定されており、免許があれば好条件で就職や独立開業が望めます。鍼灸マッサージ師の資格を取得するには、専門の養成施設で3年以上の修業を積み、国家試験に合格しなければなりません。通信教育はなく、ハードルは決して低くありませんが、働きながら学べる夜間コースを設置している学校もあります。また奨学金を設けている学校も多く、学生にはさまざまな便宜が図られています。実技に重点を置いているため、卒業すればすぐに実務に就けることも人気の理由です。

活躍の場は広がる

西洋医学で治療できない難病は、現在でも少なくありません。手術や抗がん剤に伴う苦痛の緩和ケアには鍼灸マッサージが効果的と認められ、西洋医学との連携が模索されています。また慢性の腰痛・リウマチやむち打ち症など、鍼灸マッサージで改善される症状は多く、これらは健康保険の適用対象にもなっています。鍼灸マッサージの効能は世界的にも注目されつつあり、今後はマッサージ師の活躍の場が海外にも広がっていくと予測されます。今では女性の鍼灸マッサージ師も増えており、癒やしブームの中で大きな役割を果たしています。専門の技術と知識を身につけた鍼灸マッサージ師は、スポーツやエステティックの分野でも貴重な人材として働けるでしょう。